悪徳!詐欺!との噂が絶えない換金堂

 

換金堂は絶対に利用してはダメ

 

換金堂を利用し、騙され、泣き寝入りする人が後を絶ちません。

換金堂の記事は過去にも書きましたので併せて読んでいただければ換金堂の真の姿がより見えると思います。

ネットで自作自演を繰り返す悪徳業者換金堂の闇とは・・・

過去記事はコチラ↓↓

http://xn--78j2ayab5g624w1e8bf49b.net/%E6%8F%9B%E9%87%91%E5%A0%82%E3%81%AE%E5%AE%9F%E6%85%8B/

 

クレジットカード現金化で被害にあっても、現金化で利用したことが知られてしまうとカードを取り上げられてしまうので消費者センター等にはなかなか相談できません。

そういった事情を分かったうえで換金堂のような悪徳業者は詐欺行為をはたらくのです。

 

 換金堂の闇、入金トラブル

換金堂を利用し、被害にあった人からよく聞くのは入金トラブルです。

  • 入金された金額が聞いていた金額と違う
  • 2回に分けて振り込みをすると聞いて、2回目の振り込みを待っていたが入金されない

特に多いのが「2回目の入金がない」「入金を催促してもはぐらかされる」「催促しない限り入金しない」「催促しても何かと理由をつけて入金されない」といった2回の振り込みによるトラブルです。

 

では、そもそも換金堂はなぜ振り込みを2回に分けるようなことをするのでしょうか。

考えられることのひとつとして換金堂の現金事情が挙げられます。

業界の噂によると、換金堂は現金を多く用意していないようです。

つまり、そもそもカード現金化利用者へ振り込む用の現金を十分に用意していないのです。

優良現金化業者が現金の準備が足りずに、利用者に振り込めないなんてことはあり得ません。

このようなことからも換金堂は悪徳業者であると判断できるのです。

 

実態のない悪徳業者、換金堂

現金化業者を利用するには必ず会社の情報を調べなくてはいけません。

まずは会社概要を探すのが鉄則なのですが、換金堂の会社概要ページへ行くリンクは、小さい文字で背景色にまぎれたとても見つけにくい場所にあります。

肝心の会社概要のページには、なんと住所がどこにも掲載されていません。

販売責任者には「田中」とひとこと。

通常、会社情報には代表者の名前や、会社の住所が記載されてなければいけません。それなのに換金堂の会社情報ページには、重要な部分の記載が全くありません。つまり基本情報がない換金堂なんて会社は「存在しない」と同義です。

摘発の際のリスクに備えた、実態のない詐欺会社に共通する手口です。

 

いかがでしょうか。

 

これでも貴方は換金堂を利用したいと思いますでしょうか。

 

私なら間違いなく利用しません。

換金堂を利用するのはリスクが高すぎます。

 

クレカ現金化を考えているならば、必ず優良業者を使ってください。

悪徳業者につかまり、痛い目にあってからじゃ事態は遅いのです。

 

TOPページに掲載しているのは管理人が厳選した優良業者ですので、その中からご自身にあう業者を探されることをお勧めいたします。

【現金化優良業者一覧】

↓↓

http://xn--78j2ayab5g624w1e8bf49b.net/

 

それでは皆様、良いゴールデンウィークをお過ごしください。