プレミア紙幣?現行紙幣の価値があがるケース

 

たまにお釣りで旧紙幣が渡されると「おっ」ってなります。

なりますよね?管理人だけでしょうか?(笑)

 

そういえば最近全く二千円札を見ていないなぁ。

あまりの出現率の低さに、今の若い子達には二千円札を知らない子もいるんじゃないかとさえ思います。

レアキャラの二千円札を見つけたらラッキーですね!

しかもその二千円札が変わった通し番号だったら、まさにプレミアものの超ラッキー!

 

では変わった通し番号とは?

今日は、どんな番号の紙幣にプレミアな付加価値が付くのか、現行紙幣の価値が上がるケースを簡単にご紹介いたします。

現行紙幣とは

現行紙幣とは皆さんご存知の通りですが以下のものですね。

1万円なら福沢諭吉

5千円なら樋口一葉

1千円なら野口英世

そして旧札の1000円(夏目漱石)・5000円(新渡戸稲造)・10000円(福沢諭吉)です。

更に今はほとんど見ない2千円札(沖縄の守礼門)もあります。

ん?旧札も?と感じた方も中にはいらっしゃるかと存じます。

現行紙幣とは日本銀行が現在有効としている紙幣のことですので、全部で7種類となっています。

 

当然ながら現行価値には額面以上の価値は基本的にありません

 

一万円には一万円の価値しかありません。

 

しかしどんなものにもマニア収集家と言われるコレクターが存在します。

ではどんな紙幣がコレクターの中で価値があるものと判断されるのでしょうか。

 

額面以上の価値になる場合がある現行紙幣をご紹介

  1. エラー印刷(二重印刷や両面印刷などミスプリントによるもの)
  2. ゾロ目の紙幣(お札の通し番号が「777777」「111111」など)
  3. 一桁の紙幣(お札の通し番号が「000001」「000007」など)
  4. 連番の数字(お札の通し番号が「123456」「456789」など)
  5. ピタリ賞(お札の通し番号が「100000」「700000」など)

所謂、数が少ないものや縁起物とされるようなものに、現行紙幣でも額面以上の価値が付くことがあります。

では、価値が上がるとは一体どれくらいでしょうか。

大体上記のもので相場は1.1~5倍くらいがいいところじゃないでしょうか。

特に人気が高いのは「777777」のようなゾロ目紙幣のようです。

過去の取引で一万円の諭吉さんが三万円で成立しているのを見たことがあります。

 

例外として、オークション等でウン百万なんかで出品されていることもありますが、そんな高値の付いた紙幣は、コレクター相手といえども、まぁまず売れないでしょう(笑)

 

ちなみに上記に該当する通し番号の紙幣でも、新札でないと価値はグッと下がってしまうようです。

ただでさえプレミアな番号なのに、シワがあったり、折れ曲がったりしていない状態で入手するなんて極めて困難ですよね・・・。

 

もし新札の状態でプレミア番号の紙幣に出会ったら、もの凄いラッキーですね!!

私だったら・・・取っておく・・・のかなぁ。

あ、でも試しにネットオークションで出品してみるかも・・・。

 

プレミア紙幣を売るならネットオークション

ちなみに、運良く変わった通し番号の紙幣に巡り合い、どうせだったら売ってしまおうと考えている方にはネットオークションをお勧めします。

多くのコレクターの目に触れ、高値で取引してくれる方が見つかるケースが多いです。

 

メルカリでの現金化が問題になっていることもあり、通貨の出品は厳しくなってきていますが、ゾロ目などコレクション性が高いもの、希少価値があるものについてはまだ出品できるところはあります。

通常の価値しかない紙幣を出品する行為は違反になります。

また、メルカリ等で出品されている通常の現金をクレジットカードで購入することはトラブルになる可能性が極めて高いので必ず避けましょう。

 

プレミア紙幣を買い取り業者に売る

ネットオークションは敷居が高いなぁと感じる方は買取業者を利用してみましょう。

基本的に買取業者が買い取ってくれる紙幣は、現行紙幣ではなく古銭ですが、なかには現行紙幣を買い取ってくれる業者もあります。

査定のうえ、金額に納得いったら買い取ってもらいましょう。